Blogブログ

髪の情報を発信していきます

  • HOME
  • ブログ
  • 最近よく聞く髪質改善をするとどれくらい持続しますか?

最近よく聞く髪質改善をするとどれくらい持続しますか?

表参道・青山エリアで髪のダメージを専門に取り扱う美容室 PANAVIA (パナビア) 髪質改善に特化することで
お客様のダメージ原因に徹底的に向き合う事ができます。  
OPEN 以来 インスタグラムなどのSNSのみで話題になっており、 芸能人の方もお忍びでいらっしゃる個室を設けた美容室です。

髪がカラーやパーマの繰り返しで傷んでしまいました! 髪質改善が良いと聞いたのですが、髪質改善の持続力はどれくいでしょうか?
お客様
髪の毛のダメージが酷くて・・・。髪質改善を考えています。
STAFF
そうなんですね! 髪の毛の傷みがあると憂鬱になりますもんね。
お客様
そうなんです。絡まって指が通らないんですよね。
STAFF
なるほど!そうしましらた髪質改善をして少しづつ改善していくのがベストかもしれませんね。
お客様
お友達から勧められました! 髪質改善をすると持続力はどれくらいになりますか?
STAFF
髪質改善の持続力についてお話していきますね

 

髪質改善はどれくらい持つの?? 

 

髪質改善をしているとこちらの質問が、かなり多いのです。 
髪質改善の持ちですが、

約3週間から1ヶ月くらいだと思います。
今までの施術で2ヶ月くらい持続した方もいらっしゃいましたが、
その辺りは個人差がありますので一概に皆さんが同じとは言えません。

また、髪の毛と言うのは死滅細胞です。
もとの状態に復元するわけではございません。

ですので、ご自宅でのホームケアがかなり重要になってまいります。

当美容室でも、施術や技術の説明以上にご自宅でのケアアドバイスを
重点的にご指導させて頂いております。

ご自宅でのホームケアをしっかりして頂ければ、持続力はかなり変わると思います。
例えばシャンプー1つでも髪に合ったシャンプーを使われているか?
シャンプー後の乾かし方や洗い流さないトリートメントなどもです。

シャンプーのやり方を変えただけでツヤ感や手触りはかなり変わります。

美容室でやる髪質改善とご自宅でのヘアケアをする事で持続力は変わるのと
髪質改善は一回目、二回目、三回目と繰り返す後とに状態変化も起こりますので
持ちも回を重ねるごとに良くなって来ます。

髪質改善の持ちを良くする為のヘアケア方法


髪質改善は基本的に3週間から1ヶ月持続するとお伝えしましたが
髪質改善、施術初期はダメージレベルが進んでいますので、集中的な
ケアが重要です。

中でもホームケアは綺麗な髪を持続する上で重要ですので、
ご自宅でのベストな方法をいくつか上げていきます。

1.シャンプー前のブラッシング

皆さんはお風呂でシャンプーをする前にブラッシングをされていますか?
多くの人は、お風呂ですぐにシャワーをかけると聞きますが、
実はこれだと一日の汚れが意外と落ちないのです。

実は、シャンプーで髪の毛を濡らす前にブラッシングをする事で7~8割の汚れは
落ちます。 

この時に注意する事は、絡まっている状態の髪を
無理やり力ずくで梳かない事です。
逆効果で髪が摩擦によるダメージを受けます。

毛先から優しく梳かして、引っ掛かりが無くなったら根元か優しく
何度も梳かしてください。 そうすると髪に付いた汚れが落ちやすくなります。
その時に少し頭皮も撫でてあげると頭皮の汚れもシャンプーで落ちやすくなります。


2.シャンプーはゴシゴシ洗わない

シャンプーの方も意外とやり方を間違っている方が多いのですが
基本的には、力を入れて洗わなくて髪の毛をシャワーで約3~5分湯流ししてあげれば
大体の汚れは落ちます。

また、1でお伝えしたブラッシングをしておけば9割近くの汚れは落ちます。
なので、シャンプーはしっかり泡立てて頭を優しくマッサージするように
撫でてあげ、泡が全体に馴染んだ状態でそのまま3~5分ほど時間を置いてください。

時間が来たら後は流すだけです。
洗う時に力を入れてゴシゴシ洗うと、頭皮と髪に負担がかかり
ダメージにつながりますし、頭皮をゴリゴリ洗うと毛根を傷付けてしまいます。

 

3.トリートメントは毛先に

良くシャンプー剤を流したら後はトリートメントです。
トリートメントを付ける際は、まずシャンプー時の絡まりなどを
毛先から少しづつ粗目の櫛で梳かしてから毛先から中間部分までお付けください。

付けたらまた、粗目の櫛で少し全体に馴染ませます。
そして、髪を握りしめるような感じで「ギュッ」として
髪内部にトリートメント成分を浸透させていきます。

そして5分くらい放置して洗い流すと髪の水分はしっかり維持されます。

 

4.ドライ前にオイルトリートメントで油分をプラス

ドライ前はドライヤーの熱から守るためと
髪に油分で被膜する為にオイル系のトリートメントをつけます。

量は髪の質や量などによって異なるので、担当の美容師さんに
一番、自分に見合った量を教えてもらうのがベストです。

平均的には100円玉くらいの量を手に取り、やはり毛先から
馴染ませるようにつけていきます。

馴染めばOKです!!

 

5.髪質改善を持続させるためのドライ

ドライヤーのかけ方も多くの人は早く乾かさないといけないと思い
わりと正しい乾かし方ができていません。

髪の毛は濡れている状態から乾く時に形が決まります。
グチャグチャ髪の毛を振りながら乾かすとグチャグチャ形状で
乾いてしまう為に毛髪に負担がかかってしまいます。

正しい乾かし方は、ドライヤーを頭上から下向きに風を
あてて、髪の毛をなでおろす様に乾かしていきます。

乾かす順番も可能でしたら

根元 → 中間 → 毛先

と言う順番に乾かすのがベストです。

毛先から乾かすと風が当たり続ける事で、必要以上に毛先の
水分を奪ってしまい乾燥の原因になってしまいます。

根元が乾いてから毛先を乾かすくらいで丁度いいのです。

 

まとめ

 

髪質改善の持続力について書きましたが、
基本的には髪質やダメージ状態によって異なりますし、髪質改善で数回
改善を行っているのかによっても変わってきます。

従来のトリートメントに比べると持続力は良いと思います。

しかし、当たり前ですが髪の毛は美容師以上にお客様ご自身が触る事の方が多いです。
美容室でのケア以上にご自宅でのヘアケアと合わせて髪質を改善して行く事をおススメします。

ヘアケアの方法も物よりやり方で変わってきます。
正しいケア方法を学んでツヤ髪を維持させていきましょう!!

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事